自動運転の基礎知識

自動運転レベルって何?
わかりにくい運転支援技術を詳しく解説

自動運転車が事故や渋滞を減らし、安全で快適な移動手段として私たちの生活に馴染む。
そんな時代にもう少しで到達できそうです。
現在、多くのクルマにその自動運転の過程となる様々な技術が搭載されはじめてきました。
交通事情と調和しながら進化してゆく自動運転技術。
その技術がこれから先どのように実用化されていくのか、一緒に見ていきましょう。

自動運転車が事故や渋滞を減らし、安全で快適な移動手段として私たちの生活に馴染む。
そんな時代にもう少しで到達できそうです。
現在、多くのクルマにその自動運転の過程となる様々な技術が搭載されはじめてきました。
交通事情と調和しながら進化してゆく自動運転技術。
その技術がこれから先どのように実用化されていくのか、一緒に見ていきましょう。

自動運転技術の進化

自動運転は、搭載される技術によって0〜5までのレベルに分けられており*1、
現在国内では「レベル2」までが市販車に採用され、実用化が進んでいます。*2
「レベル2」までは、主に運転をサポートする技術であり、万一事故を起こした際の責任はドライバー側にあります。
一方「レベル3」以上は基本的にドライバーが操作を行う必要がないため*3、事故の責任はシステム(クルマ)側になると言われています。

そのため「レベル3」以降の実用化は、政府を中心に法整備(事故時の責任など)やインフラの整備が必要です。

*1:自動運転レベルの定義は、首相官邸ホームページ「官民 ITS 構想・ロードマップ 2017」を参照
*2:2017年7月時点の情報です。
*3:レベル3は、システムの作動継続が困難な場合は運転者の対応が必要です。

各自動運転レベルで実現すること

ドライバーがすべての操作を行う。

加減速やステアリングを含めたすべての操作をドライバーの判断で行います。
後方死角検知機能やABS(アンチロック・ブレーキシステム)など、ドライバーへの警告や介入に関する装備はレベル0の技術ですが、
システムは運転操作に対しては関与しません。

ステアリング操作か加減速のいずれかをサポートする。

車線の逸脱を検知するとステアリングを補正するシステムや、
先行車との距離を一定に保つために自動で加減速を調整するACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)など、
ステアリング操作と加減速の支援システムが相互連携しない技術を「レベル1」と呼びます。
多くの新型車に採用されている、いわゆる運転支援システムです。

「レベル1」の運転支援技術

  • 一定の車間距離を維持
  • 車線の逸脱を補正
  • 車線変更時の死角を検知
  • 出庫時の衝突を回避
  • 駐車の一部をサポート
  • 危険を察知し減速&停止
  • 衝突時に自動で減速

ステアリング操作と加減速の両方が連携して運転をサポートする。
公道最高水準(2017年7月時点)

ステアリング操作と加減速の両方を、連携しながら運転をサポートするのが「レベル2」の運転支援技術。
例えば高速道路上での渋滞時、ストレスや疲労を大幅に減らすことができます。
この「レベル2」が現時点で公道最高水準の運転支援技術となっており、
既にいくつかのメーカーからこの技術が搭載されたモデルが発売されています。

「レベル2」の運転支援技術

渋滞時追従支援システム
  • 一定の車間距離を維持
  • 車線の逸脱を補正

渋滞時、走行レーンを維持しながら先行車を追従
停車後は先行車の動きを検知し再度発進

特定の場所ですべての操作が自動化、緊急時はドライバーが操作。

高速道路など特定の場所においてクルマが交通状況を認知、運転に関わる全ての操作を行います。
ドライバーは運転から解放されますが、
緊急時や自動運転システムが作動困難になった場合、ドライバーがクルマに代わって対応を求められるので、
必ず運転席に着座している必要があります。

特定の場所ですべての操作が完全に自動化される。

レベル3同様、特定の場所に限りクルマが交通状況を認知して、運転に関わる全ての操作を行います。
さらにレベル4では、緊急時の対応も自動運転システムに操作を委ねます。
自動運転システムを利用している限り、ドライバーの運転操作はもはや必要ありません。

あらゆる状況においても操作が自動化。ハンドルもアクセルも不要。

レベル4同様、クルマが交通状況を認知して、運転に関わる全ての操作を行います。
さらにレベル5では、場所などの制限なくほぼ全ての条件で自動運転が可能。
いわゆる「完全自動化」で、運転操作は全てクルマが担います。
シートアレンジやデザインの自由度が格段に上がり、本来のクルマの形とは全く違ったパーソナルモビリティへと進化します。
リビングのような空間で、全ての乗員がくつろぎながら移動できる、安全で快適な移動手段として、
クルマの意味合い自体が大きく変化するでしょう。

自動運転Q&A

Q1「レベル3」はいつ日本で実現するの?

2020年の実現に向け、政府や各メーカーが研究・開発を進めています。

「レベル3」の技術が搭載されたクルマが現時点で発売されても、法律やインフラが整備されるまでは「レベル3」の自動運転システムを使って公道を走ることはできません。
内閣府は「官民ITS構想・ロードマップ 2017」の中で、2020年にまず高速道路における自動運転(レベル3)を実現することを努力目標として掲げています。一般道での自動運転の実現に向けては解決すべき課題が多いため、先に高速道路における自動運転が実用化される方向で進められています。一足先にドイツでは「レベル3」に相当する自動運転機能を搭載した新型車が近々発売されるそうです。

Q2「レベル1」と「レベル2」の違いは?

前後(アクセル/ブレーキ)と左右(ステアリング)の両方が連携して
運転を支援できるのが「レベル2」です。

「レベル1」は、前後(アクセル/ブレーキ)か左右(ステアリング)のどちらかのみを支援する技術です。つまり、ACCやレーンキープアシストは「レベル1」の技術になります。
「レベル2」になると、それら複数の技術が連携しながら同時に制御される状態となります。それにより、高速道路や渋滞などでハンドルもアクセルも操作せずにスムーズな追従走行ができるのです。

Q3「(高速道路)同一車線自動運転技術」って何?

高速道路などで、先行車と一定の車間距離をキープしながら
車線維持をサポートする技術です。

先行車との車間距離を自動で調整、急な割込みにも対応します。先行車が減速したら、それに合わせて減速・停車。ステアリングを自動制御し、車線を維持します。

Q4レベル1やレベル2って「自動運転」なの?

自動運転ではなく、
あくまで「運転支援システム」です。

レベル2までのクルマには、予期せぬ事故を軽減または回避するための様々な技術が搭載されています。
クルマに搭載されたセンサーやカメラによって、他車や歩行者を検知し、衝突の軽減または回避をサポートしています。※
レベル3以降の実現に向けては、センサーなどの精度向上やそれを処理する技術(AI)の更なる進化に向けて開発が進められています。
※運転支援システムは衝突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。システムを過信せず、十分な注意を払い安全な運転を心がけてください。

Q5いま運転支援技術搭載モデルを買う時の選ぶポイントは?

搭載されている運転支援技術の種類だけでなく、
それらが快適に利用できるかどうかも調べてみましょう。

  • ACCやレーンキープアシスト以外の運転支援技術も充実しているか?ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)等の基本的な運転支援機能以外にも、駐車時のスムーズな入出庫をサポートしたり、車線変更時に他車との接触を回避したりといった、様々な運転支援技術があります。自分に合った機能が搭載されているかを確認しましょう。
  • ACCは何km/hまで対応しているか?自動運転時に前のクルマに追随して車速を制御するACCは、設定可能な速度域が決められています。
    特に上限速度はメーカーによって異なるため、高速道路の追い越し車線でACCを利用したい場合は、設定できる速度域を確認しましょう。※ご使用の場合は、法定速度を遵守しましょう。
  • 運転支援中の状況が把握しやすいか?運転支援システムが機能中の時は、速度に加えて先行車との車間距離を設定し、状況を適宜把握する必要があります。それらの情報は主にメーターパネル内の画面に表示されるのですが、情報量が多く煩雑になりがちです。最近はメーターパネルが全面液晶パネルになった車種もあり、多様な情報が一元管理でき、自動運転に適しています。

最先端の運転支援技術「レベル2」搭載モデル

フォルクスワーゲンは、コンパクトなハッチバックから7人乗りのMPVまで、
多くのモデルに現行最高水準「レベル2」の運転支援技術を搭載しています。(2017年7月時点)
先進のテクノロジーを装備したラインアップの中から、あなたに合ったクルマをご検討ください。

ハッチバック

セダン

ワゴン

*グレードにより装備の設定が異なります。またオプション設定の場合がございます。詳細につきまして各モデルサイトをご確認ください。